スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

learn from J.Cooper



上の動画の0:29あたりからやってるマウントに夢を感じてやってみたら夢がオーバーフローしすぎて現実に引き戻されてしまいました。何を言ってるのかさっぱりわかりませんね。
この形からここまで発展できるJ.Cooperは凄いと思う。ていうかむしろ俺の詰めが甘すぎる。ブログに乗せるならもっと突っ込んで研究してからにすればよかった。
撮っちゃったしネタないのでこれでいきますが、マウントだけでも十分面白いよ!というお話。
このマウントから解く方向を考えた時、前方向に重きを置いても後方向に重きを置いてもどっちでも解けるわけです。となるとどっちの解き方のが良いか。そもそもこの問いかけがナンセンスなのはひとまず置いておいて。
パンツ型のトリックを解くときはある程度の流れを伴うとよりスムーズに解けるわけですが、パンツを解く段でスムーズな流れになっているのは前方向の場合。しかしその前の手順の解法がちょっと間誤付きがちです。巻きついてるストリングを解いてるだけなのであまり有効ではないでしょう。楽しいですが。
逆に解き始めの解法がスムーズなのは後方向の場合。ストリング全体が変形してイカニモ次のステップに続きそうな形です。しかしここからパンツ型を解くとなるとちょっと動きが怪しい。変なとこ通さないと綺麗にほどけません。
とどのつまり何が言いたいのかというと前者でも後者でもどっちでもいいんですがマウント1つで一長一短がこれほどまでに出るのがちょっと面白かったのでちょっと講釈垂れてみました。てへ。
ちなみに実際に使うとしたら自分は後方向でやりますかね。楽しいのは前方向。無限くるくるできる。「滑車」ってトリック名にしたらいい。


あ、クリップも久々に作りましたのでよかったらどうぞ……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Search form
Link
Profile

ろあん

Author:ろあん
三重の片田舎に住むただの大学生。
ヨーヨーの技を紹介とかするブログ。
トリックのシェアに貢献できればと。
mixiもやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。